ドイツの若者を魅了した青春脱獄ロックバンド映画 『バンディッツ』

バンディッツ

『バンディッツ』は1997年公開のドイツ映画。

感想を一言でいえば、「架空のバンド・バンディッツの長ロングMV」だ。ストーリーはほとんどないものとして見た方が良い。しかしこの映画、ドイツでは100万人の動員を達成しているのだ。その秘密は、ひとえにバンディッツのカッコよさにあった。

暗い画面に強い語気

主人公たちは囚人であり、しかもドイツ映画だ。そのためか画面の色調が常に重い。それがバンディッツの魅力を生み出している。

カッコいいのである。この映画の唯一にして最大の魅力はそこだ。ミドルテンポのロックを演奏する4人組ガールズバンド・バンディッツ、彼女たちはドイツの若者をそのカッコよさで魅了し続けたのだ。

映画の色調以上に惹きつけられるのが、個性的なキャラクターたちだ。ボーカル・ルナを演じるのは、イランとドイツのハーフであるヤスミン・タバタバイ。彼女の脆い高潔さとエキゾチックな魅力が光り続ける。そして歌が上手い。

劇中歌の中でも特にしっとりした曲を歌っている映像なんだけど、ライブでもクオリティ高くてすごい。女優始まりだったけど、『バンディッツ』を経て歌手も本業になった。

彼女が演じたルナ以外にも、魅力的なキャラクターが多数登場する。それぞれ違ったキャラの女たちが、パワフルな演技でロックバンドを演じきるのだ。映像としてメチャクチャかっこいい。MVを見るつもりで鑑賞すると良いかもしれない。

音楽映画
スポンサーリンク
この記事を書いた人

大阪生まれの映画好きで、当ブログの管理人。
https://night-cap.net/
音楽ブログNIGHTCAPも運営中。
ご連絡はTwitter/メールまで。

sigefuziをフォローする
CINEGROOVE

コメント